区政報告    

     

第61回区政報告PDF

今回、令和3年度、第1回葛飾区議会定例会が2月16日から3月26日まで開催され、令和3年度予算における予算審査特別委員会が設置されました。
私は予算審査特別委員会委員長に任命され、令和3年度の当初予算が無事、承認されました。
葛飾区はこれまで、新型コロナウイルス感染症対策として、医療提供・検査体制の維持、感染予防を目的とした事業実施方法の見直し、地域経済への支援の拡大等、24億6500万円が支出されてきましたが、今回、更に1次補正でワクチン接種費など約37億4800万円が追加承認されました。(経費は国から35億円の歳入で賄われます)
*令和3年3月30日現在、葛飾区の感染者総数:4,425人,死亡数91人です。

 

 

新型コロナウイルスワクチン接種の実施について

1.新型コロナウイルスワクチン接種順位

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、予防接種法による臨時接種として行い 、新型コロナウイルスワクチン接種について、必要な体制の整備等を行い、円滑な接種を実施する
としています。

2 接種対象者数

1)高齢者(75歳以上:昭和22年4月1日以前に生まれた方) 対象数:約6万6千人

2)高齢者(65歳〜74歳:昭和22年4月2日〜昭和32年4月1日生まれ) 対象数:約5万3千人

3)基礎疾患を有する者(高齢者除く) 対象数:約1万8千人(対象人口の6.3%想定)
(基礎疾患対象例)
 慢性の呼吸器の病気、慢性の心臓病(高血圧を含む)
 慢性の腎臓病、慢性の肝臓病(肝硬変等)
 糖尿病(インスリンや飲み薬で治療中の方)
 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方等

4)一般(16歳〜64歳) 対象数:約27万4千人

3 接種までの流れ(予定)

1) ワクチン接種券の発送が始まります。
【今回の発送対象】葛飾区に住民登録がある75歳以上の方 (昭和22年4月1日生まれまで)
【発送日】4月26日(月)
【接種方法】接種には事前の予約が必要です。
●75歳以上の方の予約開始は5月中旬以降を予定しています。
●接種券は予約や接種の際に必要となりますので大切に保管してください。

(2) 以下のいずれかの方法により接種の予約をしていただきます。
1) 葛飾区新型コ□ナワクチンコールセンター
 電話番号:03-6625-7453
 受付時間:9時から18時(土日?祝日を含む毎日)
 対応範囲:接種時期や予約方法、ワクチンのことなどについて相談を受け付けます。
2)専用予約サイト
その他の予約方法についても検討中

(3) 接種場所にてワクチン接種おこないます。
1)個別接種会場(区内の病院?診療所)
個別接種会場となる医療機関については、医師会と調整中
2) 集団接種会場(健康プラザかつしか、金町保健センター、水元保健センター、葛飾区 医師会館、柴又学び交流館、南綾瀬地区センター、新小岩北地区センター)
集団接種会場は、健康プラザかつしかでの接種を基本に、地域バランスを考慮し会場を選定

※使用するワクチンの接種は間隔をおいて2回接種することから、2回目も1回目と同様に予約を行い接種します。
※接種状況により、スポーツセンターなど大規模施設でのワクチン接種も実施できるよう 検討しています。

 

 第61回区政報告PDF