区政報告    

平成27年第4回葛飾区議会定例会が11月26日から12月14日まで開催されました。議長職に就いて以来、様々な区内公式行事への参加、月に数回の議長会、清掃一部事務組合、競馬組合、全国市議会議長会等への参加があり、今まで知り得なかった幅広い分野での活動を知ることができ、充実した日々を過ごしております。
これからも、葛飾区の更なる発展のため、頑張る所存でございますので、よろしくご支援くださいますようお願いいたします。
 第44回区政報告PDF

 

平成27年12月2日、青木克徳区長は、沿線自治体である松戸市長とともに東日本旅客鉄道株式会社本社を訪問、JR常磐緩行線の利便性向上に向けて要望活動を行って来たとの報告を受けました。
私は区議会に当選して以来、「金町・亀有の交通問題を考える会」を立ち上げ、地域の皆さんと共にJR常磐線の利便性を訴えてきました。
現在、常磐緩行線の下り列車は、千代田線・小田急線からの乗り入れを含め、平日は251本運行していますが、そのうちの83本、約3本に1本が綾瀬駅止まりになっております。
小田急車両の乗り入れについては、全てが綾瀬駅止まりとなっているため、亀有駅や金町駅など、綾瀬駅から先のJR常磐線の駅の利用者は乗り換えを余儀なくされているのが現状です。
その結果、夜間の混雑は特にひどく、疲れて帰る身には厳しい状態を強いられてきました。
現在、JR常磐線と小田急線の相互直通運転に向けた車両改造を進めていることから、JR常磐線と小田急線の相互直通運転が実現すれば、金町駅や亀有駅などの首都圏東部地域と都心間の輸送力が増強されることは間違えありません。
私はこの機会をとらえ、区長に要望活動を訴えてきました。
今回、「JR常磐線と小田急線の相互直通運転の早期実現、及びJR常磐緩行線の綾瀬駅止まり列車の延伸に関する要望書」を手渡し意見交換を行ってきたとの報告を受けました。

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター別館が今年6月に完成、がん放射線治療を開始します。現在、放射線治療装置の調整作業などを行っている状況です。治療の開始は、来年1月の予定と聞いております。
葛飾医療センターにおけるがん治療体制の充実により、がんの種類や進行度に応じて、手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた高度ながん治療が受けられることになるため、将来的には、地域のがん診療連携拠点病院となることを期待しております。
(1)治療開始予定時期:平成28年1月5日より
(2) 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター別館(新築)の施設概要
・延面積:約900平米 ・構造:鉄筋コンクリート 地上3階建て1階放射線治療施設、2階外来化学療法室との報告です。

現在、葛飾区西新小岩四丁目18番1号(旧松上小学校跡地)で建設工事が進められています。
開設時病床数は200床程度で、開設後も300床以上を目指していく予定。
開設時診療科目:内科・循環器内科・消化器内科・外科・心臓血管外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・皮膚科・放射線科∴リハビリテーション科・麻酔科・救急科
スケジュール:平成28年1月建設工事着工予定 平成29年2月竣工予定、平成29年3月開設予定

これからのグローバル社会をたくましく生き抜くことのできる人材を育成することを目指し「かつしかグローバル人材育成事業」の一環として、中学生海外派遣事業を実施します。海外に生徒を派遣することによって「英語によるコミュニケーション能力」の育成を図るとともに、多様な考えをもつ他者と協調して課題を解決していく能力等を図ることを目的としています。
対象は中学校2年生の参加希望者48名をオーストラリアに派遣して、ホームステイや現地校等において生活・授業を共にする、グローバル企業への訪問など、現地での実体験を通して、これからのグローバル社会をたくましく生き抜くことのできる人材を育成するための内容です。 教育委員会は、海外派遣事業の目的を達成するための事前・事後の研修会を運営します。 なお、研修の際は区立中学校1校を拠点校として定め、海外派遣に決定した生徒は、この研修に参加しなければならない。また、帰国後に派遣の成果を報告会において発表するとともに、報告書にまとめて教育委員会に提出する。各学校においても、報告会を実施するものとする。
保護者の費用負担は参加費用25, 000円程度(食費の負担を予定)
派遣の期間は、夏季休業中の平成28年8月下旬の土曜日から翌土曜日までの,8月間とします。
今後の予定 平成28年3月参加希望者募集、4月参加希望者面接、5月参加者決定の予定です。

現在、平成28年4月当初の開設に向けて、6か所の認可保育所の整備支援を行っています。
今回、これらに加え、かねてより「幼稚園型認定こども園」化に向けて協議を進めてまいりました金町四丁目の「金町幼稚園」との協議が整ったため、整備・開設に向けて支援していくことといたしました。 1歳児及び2歳児を預かるための保育所機能を整備するとともに、 3歳児以降の保育枠を設けることで、合計66人の受け入れ拡大をいたします。

東京都の東部低地帯における洪水や高潮等の大規模水害時の広域避難などの対策について、本区をはじめ、墨田区、江東区、足立区、江戸川区の5区が協働して、その課題を明らかにし、対応すべき具体的方針と対策を検討する「江東5区大規模水害対策協議会」を10月27日に設置しました。
今後は、各区関係部長級や国、都、交通関係機関で構成する幹事会において、大規模水害時の事態認定や広域避難における情報伝達の方法、避難勧告の判断基準、避難先の確保、垂直避難等について検討を進め、平成28年の8月を目途に具体的な方針と対策を取りまとめる予定です。

本区は、東京都の東部低地帯に位置し、満潮時には海面以下の高さとなるいわゆるゼロメートル地帯が大きく広がっています。また、江戸川、荒川、中川など河川に囲まれた地勢となっており、堤防の決壊等によって市街地が浸水した場合、被害が広い地域に及ぶとともに、浸水した水が長期にわたって市街地にとどまり、復旧には相当の時間を要するものと想定されます。
このため、葛飾区都市計画マスタープランにおいて、区内各所の公園等を高台化による避難場所と位置づけ、避難や物資輸送の拠点としての整備を目指しています。
新小岩公園は荒川、中川に近接し、区内でも有数の大規模公園であるため、高台化にあたっては、国、都などが行う堤防の整備と歩調を合わせ一体的な整備を進めるとともに、公園を利用されている方々や地域の皆様と協議を重ねながら、新しい高台の公園づくりを行ってまいります。
今年度、共同事業者の公募を行い、事業に関する詳細な協議を経て、協定を締結、事業をスタートさせる予定である。
現在想定しているスケジュールとしては、平成28年度に代替施設の整備を行い、その後、新小岩公園の高台化の工事に入り、平成36年度の公園の完成を目指しています。

(1)地域安全活動支援事業として、見守り活動支援事業補助金を使って、地域団体への街頭防犯カメラ整備費助成については、
(負担率:東京都が1/2 ・葛飾区が1/3 ・地域団体が1/6、上限額あり)
平成27年度、自治町会や商店会が設置主体となり、 6団体・カメラ台数41台設置します。
(2)地域団体への街頭防犯カメラ維持管理費(電気料金)助成について
区の補助金の交付を受けて防犯カメラを設置した団体に、当該防犯カメラの電気料金を、1基当たり月々300円補助しています。

キャプテン翼ゆかりのまち葛飾として、サッカーを通じた青少年の健全育成と「地方都市との連携」による地域の活性化を目的として、少年サッカー大会「キャプテン翼CUPかつしか2016」を開催いたします。
この大会は、今年度はじめて開催するもので、葛飾区代表チームをはじめ、関東近県から12チームが参加し、平成28年1月9日、10日の日程で、総合スポーツセンター陸上競技場を会場として実施いたします。
開催にあたりましては、区立中学校サッカー部OBを中心として創設され、本区を拠点にJリーグを目指し、サッカーの普及や選手の育成をしている「南葛SC」、葛飾区サッカー連盟など関係団体のご協力をいただきながら運営してまいります。
また、原作者である高橋陽一先生に大会アンバサダーにご就任いただき、版権元である集英社の協力も得て大会の付加価値を高めていくほか、大会全体を盛り上げ、多くの参加者や応援者が集客できるよう、有名サッカー選手やサッカー好きな著名人によるエキシビジョンマッチなども実施する予定です。
この大会は、来年以降は、できるだけ多くの「キャプテン翼ゆかりの地」のチームを招待したいと考えております。将来的には海外チームとの交流なども視野に大きな大会へと育て、世界へ発信していくことで、漫画「キャプテン翼」のまち葛飾、サッカーのまち葛飾をPRしてまいります。

11月7日、 8日の2日間、柴又帝釈天や葛飾柴又寅さん記念館などを会場として 「寅さんサミット2015」を初めて開催いたしました。
このイベントでは、「日本の原風景を守り、後世に伝える」をテーマに、映画「男はつらいよ」のロケ地が一堂に会して、各地域が大切にしている風景や特産品、文化芸能を披露し、葛飾区の魅力をPRするとともに、ロケ地とのつながりを生み出していくことのできるイベントとして育んでまいります。

 

 

現在、住民票の写し及び印鑑登録証明書については、全国のコンビニエンスストア及び区民ホールの多機能端末機で取得ができます。これらの証明書に加えて、来年の2月22日からは新たに特別区民税・都民税の課税・非課税証明書及び納税証明書についても、個人番号カードや住民基本台帳カードを利用して取得できるようになります。

 第44回区政報告PDF