ホットニュース    

ホットニュース  平成21年12月8日

生活保護受給者が急増

平成21年度補正予算において生活保護費が14億7600万円計上され、補正後の総額が194億7400万円と大幅に増え、財源としての国庫負担があるとしても、4分の1は区の負担額と定められており、単純計算で約48億円を葛飾区が負担することとなり、葛飾区財政に及ぼす影響が大きくなってくることは憂慮すべきと考えられます。
しかし、現下の社会情勢を見たとき、必要な区民には生活保護制度を適用して、きちんと生活を支える必要があることは言うまでもなく、このための負担は必要であると考えますが、今後さらに増えることが予想され、自治体の負担増に対し政府の抜本的な対策が必要と考えます。